2014年9月2日

アクリルガッシュで写真模写!


8月の美術クラブでは、様々な画像の図版を使った色彩構成(写真模写)を行いました。





画像の図版は美術クラブで用意したもので、パンダ・ペンギン・(女優の)マリリンモンロー・オードリーヘップバーンのポートレートなどなど。
大学の受験生が取り組んでもおかしくはないほど専門的な課題なので、出題した先生達は「少し難しいかも…」と心配していましたが、やり始めたらみんなすごい集中力でどんどん描き進めていました。






今回の課題では、

・描写の正確さ (写真の形をそのまま転写する!)
・色の再現力 (写真の色にできるだけ近づける!)
・作業の組み立て (一つひとつの工程にどんな意味があるのかを知る!)
・筆や絵の具の扱い方 (きれいに描くために道具や描画材の特性を知る!)


など、デッサンの作品制作とは異なる感覚を使いました。


制作を始める前に、画用紙をパネルに貼付ける『水張り』作業などもあり、デザインやグラフィック系へ進みたい人には学ぶところが多かったと思います。後は、ただただひたすらにそっくりに描く作業ですが、皆さん本当に楽しそうに集中していました。


こちらが完成した作品です!

制作終了後の皆さんの作品を並べての『講評会』では、デッサンの制作などの時と同様に自分の作品を遠くから離れて観る事の大切さを確認できました。やはり、自分の作品を離れた場所から客観的にみてチェックする事は、どんな形式の作品を制作する時でも大切な事ですね。


9月はデッサン専用の木炭を使った静物デッサンを行います。
今回の制作とはまたちょっと違った感覚を使って、楽しめればと思います。