2017年3月16日

2016年度の最終課題「静物着彩」(1/2)


2016年度の最終課題「静物着彩」(1/2)



こんにちは!講師の依田です。
あっという間に3月です。まだ寒い日が続きますが、少しずつ春の気配も感じられますね!


さて、美術クラブでは2月から3月にかけて、静物着彩の課題に入っています。


静物着彩といえば、白い紙に静物をデッサンし、そこに絵の具を乗せていくイメージが強いかと思いますが、今回はたっぷり時間をかけて下地作りをしてもらいました◎
どちらかというと、油彩のプロセスに近いものがあります。


画面も木炭紙大です。水張りも一苦労でしたね。



画用紙に刷毛で水を塗って、水張りをしていきます。

水張りが初めての人にはレクチャーを交えながら。

作品のイメージに合う色の絵の具を、下地としておく。

滲ませたり、色を重ねたり。この作業がとにかく楽しい。

友達の画面を見て刺激を受けながら、自由に作っていく。


絵の具の流動性や、それによってもたらされる偶然性は、なかなか意図して作れるものではありません。
その美しさを活かしたり、逆に潰して壊したり、
意識と無意識の狭間のようなこの作業に、皆さん没頭してくれました!


1日目終了時には、下地にしておくにはもったいない、美しい画面が並びました。
抽象絵画のようですね。
同じような作業の中にもそれぞれの個性が出ていて面白いです。


もったいない気もしますが、この上から静物を描いていきます。



下地が乾いたら、鉛筆で少しだけ形を当たっていく。


このような下地作りには、画面の統一感を出す効果があります。


白い画面にただ塗り絵のようにそれぞれのモチーフを塗り分けてしまうと、画面の中でバラバラに存在して、空間を出すのが難しかったり・・・


下地があるだけで、画面全体でのモチーフの位置関係や色の響き合いも意識するようになってきます。


有色紙のデッサンの時と考え方は似ていますね◎




下地の色をどう活かしていくか、考えながら描いていく。

モチーフをよく観察して、リアルに描写することも忘れずに。

薄く溶いた絵の具をちょっとずつ重ねて、下地を透けさせる。

面相筆という細い筆を使って、細部も描写していく。

講師によるデモンストレーション。絵の具の使い方などがとても参考になる。



私(依田)も作品制作でこのようなプロセスを踏みますが、下地づくりが一番楽しく、好きな段階です(笑)


プロの作家さんでもこのようなプロセスを踏んで作品を作っている方は多いですよ。
美術館などに足を運んだ際は、この絵の下にはどんな下地があったのだろう?どんなプロセスを踏んでるかな?と想像を巡らせてみるのも面白いかもしれません!