2017年4月17日

2016年度の最終課題「静物着彩」(2/2)




こんにちは!講師の吉川です。
早いもので、もう新年度がやってまいりました~~!

さて、昨年度の最終課題。
アクリル絵の具による「静物着彩」
二ヶ月たっぷりかけただけあって、力作ぞろいでした!!
何点か抜粋して、生徒の作品をご紹介いたします。





中学2年生の作品です。
毛糸がたくさん入ったアクリルボックスの、周りの風景が映りこんでいる面と、
中の毛糸の積み重なりの様子をしっかり描いた面の違いを上手く表現しています。
下地は乳白色の柔らかな印象のものでしたが、背景に思い切った暗さのグレーを置くことで、
下地をアクリルボックスの表情に生かしています。
台上の毛糸が、針金のように硬そうに見えてしまうのが惜しい!





こちらも同じく、中学2年生の作品です。
繊細な下地を大事にしながら描きあげました。毛糸の表情が魅力的です。
にごった色の上から鮮やかな色で一本一本を描写することで、より際立った存在感を演出しています。
対して、植木鉢の葉っぱは筆の勢いを残しており、対象によってアプローチが違うのも面白いです。
布やアクリルボックス自体の描写が簡単に見えてしまうのはもったいなく感じますが、
手前の一本の毛糸を丁寧に描いている点など、画面の随所に見所を用意しており、見ごたえを感じさせます。





中学1年生の作品です。
下地の色を描写でも積極的に使い、画面の全体感を大切にしています。
画面上で色を重ね、複雑さを出していくことができるアクリル絵の具の特性をうまく利用しています。
また、下地作りで偶然できた直線(絵の具が垂れた部分)が構図にしっかり参加していて、その点も上手い!
アクリルボックスの「透明な板がある」という抵抗感をもっと感じられるといいかと思いますが、
綺麗にまとめようとしすぎていない、色々な試行錯誤が面白い作品です。





思い切った構図に挑戦した、中学2年生の作品です。
大きく入れた布を、何層も絵の具を薄く重ねていくことで表現しており、たっぷりとした豊かな絵肌を作り出すことに成功しています。
その上をすっと横切る一本の毛糸が、大胆で大きな世界の中に繊細な空気を生み出しています。
絵は「対比」が非常に大事です。明るさを見せるためには暗さが、大きさを見せるためには小ささが必要です。
この絵はこの小さな毛糸の様子を見せるために、周りの大きな空間が存在していて
木炭紙大という、決して小さくないサイズをフルに生かすことに成功しています。





こちらも中学2年生の作品です。
ただ絵の具を乗せて描いていくだけでなく、 下地を物の中に意識的に残そうとしているのが分かります。
毛糸の持つ柔らかさを、束感を損なうことなく表現しているのが上手い!
手前の台の側面を感じづらくなっている点は惜しいですが、
ストライプの布が敷いてあることで水平への意識が高く保たれており、
台の上に置いてあるモチーフの「垂直の見え方」もスッキリしていて、全体が非常に見やすいものとなっています。








いかがだったでしょうか?
春は卒業や入学、進学が重なり、成長を実感する季節ですね。
美術クラブのみんなも、入学した時期は各々違いますが、1年の集大成の制作を経て
作品への意識が大人びたものになってきているのを感じます。


美術は一枚の作品の中で、挑戦と失敗を何度も経験することができます。
新学年、気持ちを新たに、また楽しく挑戦をしていきましょう!
今年度もどうぞよろしくお願いいたします!