2017年4月7日

2017年度高校入試の合格実績



こんにちは!講師の村です。
桜の季節となりましたね。私は、受験に関わるお仕事をさせてもらっているので、桜を見ると「一周巡って、またこの季節がやってきたな」としみじみとした気持ちになります。


昨年度、受験生だった中3生も進路が決まって新たなステージへと進みました。フレッシュな気持ちで高校生活を楽しんでほしいと思います。


時期は少し前になりますが、2月に2017年度の高校入試が終了しました。
今回は、2017年度入試の合格実績をお伝えしようと思います。



【2017年度 高校入試合格実績】

<私立高校の合格実績>
橘学苑高校    名合格 (全員合格)

<公立高校の合格実績>
上矢部高校    名合格
白山高校     名合格 (全員合格)
川崎総合科学高校 名合格 (全員合格)



同じ情報ですが、参考としてこちらのページもどうぞ御覧ください。
http://www.e-s-w.com/hamabi/about/result.html(横浜美術学院サイトの合格情報ページへ飛びます)


受験組の入試対策の様子

志望校が複数ある場合、各高校の対策をバランスよく行う

繰り返しモチーフを変えながら、短時間で描く練習をする

分かりやすさを意識して、相手に正しく伝わるように

シンプルなモチーフほど難しい。構図や色使いを工夫する

講師からの批評を理解し、次回に生かす




志望校に見事合格した皆さん、おめでとうございます!
美術クラブの講師たちも指導やサポートを念入りにしていましたが、やはり最後は個人の力だと思います。


入試というのは(いえ、入試に限らずあらゆることは)、最終的には自分一人で行うものです。一緒に仲良く対策していた仲間も、応援してくれた親御さんも、アドバイスをくれる先生もいなくなります。本番では、全部自分で決めて、自分でやるしかないのです。ですから、合格は本人が自覚を持ってやれたから得られたものだと思います。


一方で、残念ながら志望校に合格できなかった方もいます。
これは本当に悔しい。講師たちも自分のことのように悔しいものです。一生懸命頑張って描いてきた人ほど、その気持ちは大きいでしょう。


もし、すぐに気持ちを切り替えてケロッとしていられる人がいるとしたら、それはあまり本気ではなかったということかもしれません。だからまずは思いっきり悔しがること。そしてこの経験を生かすことです。


高校入試対策でやっていたことの中には、実は今後に生きる大切な練習がたくさんありました。


  • 短時間で絵を完成させるにはどうすればよいか【工夫すること】
  • 自分と同じ課題に、他のみんなはどのように取り組んでいるか【比較すること】
  • 一度した失敗を、二度としないようにするにはどうするか【失敗から学ぶこと】
  • 一度した成功を、他にも生かすことができないか【応用すること】
  • 講評時に、自分の絵がなぜ良い(悪い)と言われたかを考える【話を理解すること】


などなど、、、数え上げればきりがありません。


これらの練習を毎週やってきたのですから、絶対に鍛えられているし、決して無駄ではありませんよ。形を変えて今までの練習がどこかで生かされることを願っています!


受験生の皆さん、高校入試おつかれさまでした!!