2017年8月5日

アクリル絵の具で着彩「サザエの卓上静物」




こんにちは!講師の依田です。
暑い日が続きますね。。


美術クラブでは1学期最後の課題として、アクリル絵の具を使用した着彩課題を行いました。モチーフはひとりに1セットずつ手渡してそれぞれ自由にセッティングしてもらいます。アクリル絵の具を使用するときには、紙が水で凸凹になって描きにくくなるのを防ぐため、あらかじめパネルに紙を固定する「水張り」という作業を行います。


経験が長くなってきた方は、水張りももうお手の物ですね!



初めての人には、一から水張りの説明をします

慣れている人は、サクサクと水張りを進めていきます

手際が良くなってきました。繰り返しの練習の成果ですね


今回は下地に工夫を凝らす生徒さんも多くいました◎
ジェッソという下地材を使用して、自由にテクスチャ(表情)をつけていきます。
絵画の世界では絵肌とかマチエールと呼ばれたりしますね。


まずはジェッソの使い方の説明をうけました

どんな作品にするかをイメージしながら色を選ぶ

ジェッソにより、石の壁みたいなマチエールができました

画面の表面にあるザラザラとした凹凸をうまく利用したい



ジェッソによる複雑な表情をつけた上から描写していくと、自分でも意図しない表現ができたりして、面白いものです。それに頼りきりではいけないし、どう使っていけば効果的に見えるか考えるのも絵画を構成する楽しみの一つです。
面白さにハマる人も出てきそうな予感でした!


それでは完成作品を何点か紹介したいと思います。


立方体の形のシャープさが際立っています。

ブルー系とイエロー系の色の響き合いが綺麗です

手に持ったときの感触が伝わってきそうな絵ですね

マチエールを利用する所としない所があり、工夫を感じる作品です

ごつごつした塊の感じと、繊細な紙の感じが好対照です

制作の最終日は、ラストスパートをかけて仕上げていきます

講評会の様子。それぞれのカラーが出ていて楽しいですね!

色を使っていても、デッサンの時と同じように描写していく気持ちが大事です

美術系高校受験の人は、デッサンの練習を始めています


マチエールの面白さを画像では伝えきれないのが残念ですが、
実はみなさんが印刷物やネットなどでよく知っている名画にも、
実物ならではの迫力というのも多大にあるんですよ!
夏休みの期間美術クラブはお休みになります。
この機会に美術館に足を運んで、実物の絵画を堪能してみてもいいかもしれませんね◎


それでは、また2学期にお会いできること楽しみにしています〜♪