2017年10月16日

紙粘土でつくる「ロールパンの模刻」



こんにちは!美術クラブ講師の吉川です。

毎年恒例の粘土模刻を終えましたので
生徒たちの作品を紹介します◎


今年はロールパンの模刻です!
講評会でズラリと並ぶようすはパン屋のようで、
目に美味しい講評会になりました。


講評会に並んだみんなの作品。一番手前が本物のロールパンです。

先生たちはいろんな角度から作品を見ていきます。

みんなのこだわりが、形や色にあらわれていました。



それでは、作品紹介です。じっくりとご覧下さい!



[K.E.さん] 焼き色のグラデーションを、パンの形に合わせて作ることに成功しています!

[M.M.さん] ふくらんだ部分とへこんだ部分のぶつかりにシワが生まれているのが分かります。形には理由や根拠が必ずあり、そこにリアリティが生まれます。

[T.M.さん] コピーするだけでなく、「どうしたらパンらしくなるか」という試行錯誤がうかがえます。

[Y.A.さん] 絵の具の染みが美しいです。反射光を入れるなど、作品として演出がされています。

[K.M.さん] ロールパン独特の生地が巻かれた形を、じっくり作り込んでいます。

[S.A.さん] とても慎重に、丁寧に観察しています。

[Y.S.さん] こちらもパンのふくらみを魅力的に表現しています。

[S.Y.さん] ロールパンらしさが大胆に表現されているわけではありませんが、本物より「らしい」質感を感じます。

[H.Y.さん] 底面も作り込むなど、全体の見え方を大事にしています。塗りはもう少し多角的に見たかったですね、惜しい!

[O.C.さん] 透明色をうまく使っています。色が少し変わるだけで味が違って見えるのが面白いですね。

[S.Y.さん] 本物そっくり!!色を的確に重ねて、中間色がとても綺麗です。

[H.M.さん] 底面への回り込みの形にこだわりを感じます。その形に色が関わってくるとなお良かった!


いかがでしたか?
いつもより多めに作品紹介をしてみました。

粘土模刻が久しぶりの人も初めての人も
いろんな方向から見てみたり、触りまくっていましたね。
立体でも平面でも、対象を知るという大切さを改めて感じてくれたんじゃないかと思います。


制作前のレクチャーの様子

パンらしい形とはどういうものか、よく観察しながらヘラで作っていきます。

ロールパン独特のふくらみや凹みを、いろんな角度からチェック。

焼き色を塗る前に、ベースの色をおきます。

だんだんと焼き色がついてきました。グラデーションには特に神経を使って。

最後の仕上げ。パンの表面のツヤ感まで表現します。


来月からは想定デッサンです。
今回と打って変わって、目の前にモチーフが用意されません。
資料を用意するなど、自分でフットワークよく動くことが要求されますよ〜!
受験組はついに対策スタートです。
じっくり積み重ねていきましょう!!