2018年2月8日

いざ受験へ!(2017冬期講習会のレポート)



こんにちは、美術クラブ講師の村です。


2月になりました。2月というと、生徒も先生たちも少し緊張する時期です。なぜかというと「受験」がいよいよ本番を迎えるからなんですね。美術系高校を志望する生徒さんたちは、これまでにたくさんのデッサンの練習を重ねてきました。その練習の成果を発揮する時期がやってくる、それが2月です。ぞぞぞ!


ということで、今回は、2017年の年末に行われた「冬期講習会」の受験対策の様子をレポートします。この先、美術系高校への受験をお考えの方がいたら、ぜひ参考にしてくださいね。また冬期講習会は、まだ受験生ではない中学生の方や、初心者の方もデッサンを体験できるイベントとなっています。これから始めたいという方もどうぞチェックしてください^o^


【関連記事】2017冬期講習会、ただいま参加募集中です!(2017/12/04)


では、まずはビギナークラスの授業の様子から見ていきましょう!ビギナークラスは全3日間の短い講座です。鉛筆デッサンのABCを教わります。中1生〜中3生まで、いろんな学年の方が参加してくれました。


冬期講習会はこんなアトリエで制作していました。
まずは制作手順や画材の準備など、初めての人に向けて説明をしました。
りんごなど、すごくシンプルなモチーフでデッサンの基本を確認します。
先生の加筆指導で描き方や直し方を見せてもらいます。
描くだけではなく、しっかりと自分の絵を見る。これが大事です。
制作終了後は、作品講評会。今回勉強したことをおさらいします。


そしてそして、高校受験対策クラスの授業の様子です。このクラスは計6日間の講座で、徹底的に志望校別対策を行います。弥栄高校・上矢部高校・白山高校・川崎総合科学高校・橘学苑高校など、それぞれ受けようとしている高校が違いますから、それに合わせて時間を計りながら短時間で描きます。試験時間が60分の高校もあれば、90分の高校もあります。どちらにしても、一つの作品を描ききるには短すぎるくらい短い時間です。この時間内でいかにベストなパフォーマンスを発揮できるか。繰り返し描いてみて時間感覚を身体に覚えこませます。


直方体・球体など、受験では基本的な形態を描く力を問う出題が多いです。

このように、みんなで同じモチーフを囲んで描く場合もありますし、

このように個別にモチーフが手渡される場合もあります。

形の正確さ・明暗の理解・質感の表現など、各志望校ごとに評価の観点があります。

客観的に自分の絵を把握するために、こうして並べて他の参加者と比較します。

おかげさまでアトリエにはたくさんの参加者が集まってくれました。みなさん集中度が高く、制作に没頭していて、鉛筆のカリカリという音が響き渡っていました。あらためて、中学生のみなさんの一生懸命な姿に感心してしまいました。


いよいよ2月14日〜16日は公立高校の入試です。練習していた場所とは違う環境での試験となりますが、アウェイな場所でもいつもの力がしっかりと出せるよう、みんなの健闘をお祈りしています。「頑張れ!」と言いたいところですが、せっかく大好きな美術ですから「楽しんで!」と送り出そうと思います。


それではみなさん、「楽しんで描いてきてくださ〜い!^o^」