2018年6月1日

基本デッサン「石膏のある静物」

今回のモチーフ。石膏像・綿花・鉄球などが置かれています。


こんにちは!講師の依田です。
新規入学の生徒さんも増え、新年度の美術クラブスタートしました!


今回の課題は石膏を含めた静物デッサンです。
美術クラブでキャリアを積んだ生徒も多くなってきたので、初回としては難易度が高めでした。ただ、石膏といえども細部に惑わされず、デッサンの基本である陰影を意識していつもの静物デッサンのように関わるのが良いでしょう。


今回は吉川先生がデモンストレーションもしてくれました!
吉川先生の作品を見てみましょう。


先生の絵の進め方は、意外にもざっくりとしていました。

吉川先生のデモンストレーション作品。描き出しから2〜3時間ほど。


作品は途中の状態で、石膏も細部は描きこまれていないですが、とても存在感がありますね。よく見ると陰影でグループ分けされていることがわかると思います。デッサンで大切な立体感や空間感は、実はこの最初の陰影のグループ分けで見えてくるものなんですね。
あとは、細部の描写に入りますが、最後までこの全体感は大切に進めなければいけません。


描き出しではあまり細かいところまで描かないのがポイント。
複雑な凹凸もシンプルな形に置き換えて描いてみよう。
ストライプの柄をしっかりと描くと、床の存在感がUPしますね。 
今月から入学した中2生です。もりもり描いてください!
どのアングルから描くかで、難易度も変わってきます。
ディテールを描き込んで、どんどん完成度を上げていきます。
こちらも4月からの新入生。先生の加筆指導から学びます。


先生の作品もある中で、みなさん良い緊張感を持って関われたのではないでしょうか。最後の描写まで力強いものがありました!本物そっくりになるように細部を描写していく工程は、デッサンの中でも楽しい部分ですよね◎


初心者の方たちもよくついてきました! 今年度初めから密度の高い作品が並び、今後がますます楽しみです。


中3生の作品
中3生の作品
中3生の作品
キャリアのある中3生がグイグイと周りを引っ張ってくれました。
これから1年間、いっぱい描いてみんなで上手くなりましょう!


一つ一つの課題を大切に、今年度も楽しんでいきましょう!